FC2ブログ

香港でつくるはじめての使い捨てコンタクトレンズ

香港でコンタクトレンズを作るにはどうしたらいいの?使い捨てコンタクトレンズを中心に、コンタクトレンズの知識から購入までの手順を初めての方でも分かりやすく解説。



香港でつくるはじめての使い捨てコンタクトレンズ>> 目について >> 『近視』は治せるの?近視治療のあれこれ(4)
2018-08-11

『近視』は治せるの?近視治療のあれこれ(4)

いかがでしょうか?
第1回《点眼薬》による治療
第2回《レーシック手術》による治療
第3回《コンタクトレンズ》による治療
と3回に渡り近視治療についての解説してきました。

最近は画期的に近視矯正技術が進歩し、
視力回復のための治療はいろいろな手法ができています。

これら眼科医の実施する治療以外に、
民間療法としては一般によく聞く視力回復センター等で行われる
『視力トレーニング』や、

超音波または低周波を発生させる治療器、
アイマスクなどを使用して行う治療なども増えています。

以前は非常に高度な技術を必要とした《レーシック手術》などは、
手術機器や技術の進歩により安全、正確に手術を行えるようになったことで、
今では気軽に手術を選択される方も多くなってきました。

今後ますます技術の進歩は近視治療を手軽で確実なものに変えていくでしょう。

しかし今現時点ではメガネコンタクトレンズによる近視矯正
最もが手軽で確実であると言えます。

上記の近視矯正方法はまだまだ敷居も高く
100%の安全が確立されているわけではないのが現状です。

特に小さなお子さまや学生さんなど
レーシック手術」は危険性が高く、「オルソケラトロジー」のように
成長期の子供に異物を装用させるのは角膜を傷つけたりするリスクも高いと言えます。

小さなお子さまには「目薬」による治療もありますが…
当店のお客さまからは「結局はメガネを作ることになった」という話が
現状を物語っているのではないでしょうか。

やはり小学生までの年齢であればメガネによる矯正が基本でしょう。

コンタクトも小学校の高学年になれば、スポーツ時など必要な時だけ
ご両親の指導のもとご使用いただくこともできます。

メガネ女の子 

しかし一度作ったメガネコンタクトレンズも、
定期的な視力検査による子どもの視力の変化に対応させて、
レンズ度数を交換する必要があります。

度数の合わないメガネコンタクトレンズを使い続けていると
目の疲れや痛み、そしてさらなる視力低下を招く恐れがあるからです。

最低でも1年、出来れば半年に一度は専門の機関で視力検査を行い
お子さまの目の変化に対応できるようにしてあげて下さい。

松影眼鏡ではお子さまの無料視力検査を実施しています。
お気軽にお申し付けください。

無料視力検査のお申込みはこちらからどうぞ。
 ↓  ↓  ↓


《こちらの記事もおすすめです。》

第1回 『近視』は治せるの?近視治療のあれこれ(1)

第2回 『近視』は治せるの?近視治療のあれこれ(2)

第3回 『近視』は治せるの?近視治療のあれこれ(3)

タグ : 近視治療 レーシック オルソケラトロジー 視力検査 目薬 近視 矯正 コンタクトレンズ メガネ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

店長マツカゲ

Author:店長マツカゲ
香港在住26年。2018年6月にメガネレンズとコンタクトレンズに特化した松影眼鏡-matsukage optical-を開業。香港で作るメガネ・コンタクトレンズに不安を感じたらお気軽にご相談ください。まずは無料相談であなたのお悩みにお応え致します。そこからじっくりとあなたにあったメガネ・コンタクトを一緒に見つけていきましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード